ブログten
cate

 

鹿児島にある“壺中楽(こちゅうらく)”で展示販売を行います。“壺中楽”はオーナーである牧さんが陶器やテキスタイルに注目して企画展をされています。焼き物の産地ならではのギャラリーです。牧さんとお会いしてから3年めの今年にはじめての鹿児島での展示ができることとなりました。とてもうれしいことです。
春を目指して制作してきた“mori”の刺繍の生地やプリント生地、ハンカチなどの布もの小物、倉敷意匠の紙ものシリーズをお持ちします。壺中楽が企画展のDMを作ってくださいました。刺繍の生地を配した素敵なカードです。鹿児島の街などで見かけた際には、ぜひお手に取って来ていただければと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

壺中楽 -北の模様帖-
2012 2012.5.10(the) – 5.20(sun)
鹿児島市吉野町2433-17
TEL 099-243-2555 
OPEN 11:00 – 19:00(期間中無休)
■南国バス(吉野無線前下車)、市営バス(養護学校前下車)

2011.04.21|embroidary, event, news, 掲載物
cate

倉敷意匠分室から新しいカタログが出来ました。『生き物をめぐる22人の作り手たちの物語』というタイトルです。点と線模様製作所から刺繍の生地で作ったバッグを掲載しています。「刺繍のバッグを掲載しませんか」とお話がきたのが一昨年のこと。刺繍の生地を作りたいと思い工場を探しては、なかなかうまく進まないを繰り返しているときでした。倉敷さんからの言葉は刺繍の生地作りを後押ししてくれることとなりました。22人作り手の方が植物、動物、昆虫など思い々の生き物を題材にアクセサリーや陶器、扇子、など生活を楽しく彩る物作りをしています。同じ北海道からは旭川の漆作家である堀内亜理子さんもうるしのブローチを掲載されています。書店や雑貨店などでカタログを見かけた際にはご覧になってみてください。少し先のにっていではありますが企画展も予定されております。一堂に集まり直接見ることのできる数少ない機会だと思います。こちらもぜひ合わせてご来場くださいませ。

『生き物をめぐる22人の作り手たちの物語』
倉敷意匠分室カタログ5
編集発行:有限会社 倉敷意匠計画室
http://www.classiky.co.jp/
E-mail : info@classiky.co.jp


 

企画展のご案内
倉敷意匠分室展
『生き物をめぐる22人の作り手たちの物語』

京   都 / 恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
2011年6月18日(土)~7月1日(金)
10:00~22:00(最終日のみ10:00~18:00)

東   京 / SFTギャラリー(国立新美術館B1)
2011年9月14日(水)~10月17日(月)
10:00~18:00(金曜日のみ~20:00)火曜日定休

2011.04.11|embroidary, event, news, product
cate

夜の森から聞こえてきた鳥の鳴き声題材にしたbird gardenをもとに刺繍の生地を作りました。機械に打ち込んだ図案の上をなぞるように針が進んでいきます。切り絵で作った原画を鉛筆で書き起こして刺繍の図案を作りました。職人さんが模様を自分自身で解釈して手で描くときのはみ出しや重なりを残すようにして模様を機械に打ち込んでくださいました。生地をよく見るとそんな筆のタッチを思い起こさせるような生地になっています。この生地を材料に木の持ち手のバッグと小さなバッグを仕立てました。木木(鎌倉)で一昨日から「北の模様帖」が始まりました。木木で刺繍のミニバッグの販売と木の持ち手バッグの受注販売をしております。ベージュには素朴な印象の糸、ネイビーは少し光沢のある糸を使用しております。洋服に限らず着物などの装いにも馴染んでコーディネートできるかと思います。ぜひ店頭でお手にとってご覧下さい。
★受付・販売は木木で行います。お問い合わせは木木まで→http://kigi.cloud-bldg.jp/
数量が限定となっておりますので人数に達し次第受付を終了したいします。


木木   4/9(土)~5/8(日)
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-5-20 CLOUD BLDG 1F
open 11:00~18:00,tel 0467-25-2065

ten to sen